ステルス


究極のガレージハウスにして

最高品質のデザイン住宅

この家のデザインは、名前のとおり、ステルス性能を持つ戦闘機や戦艦から着想を得ている。

 

外壁はすべて黒く塗られ、低く構えたフォルムは直線のみで構成される。獲物を捕らえるために、海面近くまで浮上したサメの背びれのようなトップライトは、不穏な想像を掻き立てる。或いは、鋭い毒針をかまえるサソリのような、攻撃的で危険な生物を。

 

このような家は、人が住むための器としてふさわしいであろうか?

「そうではない」

多くはこのような反応であろう。

 

だが夜になり、小さく穿たれた台形の窓から滲みだす赤い光により、この家にも生命が宿っていることが明るみに出る時、それは隠微で秘めやかな内部の活動を暗示し、独自の言語で語り始める。

 

内装も、金属であれ、革であれ、すべて黒い。

つまり、色彩は黒と赤のみである。この、いくぶん魔術的な色合いこそ、現代の気分にふさわしいのではないだろうか。

 

この地球上のどこかに——建物は、まだ生まれてもいない胎児である——建つであろうこの家について、我々はまだ敷地を設定していない。既にどこかで、不条理の残余物のように存在しているのかもしれないが。

 

ところでこのガレージハウスであるが、我々は別荘として使うにも適すると考えている。構成はシンプルでありながら、豪奢な設備を持ち、大切な人との親密で、特別な週末を過ごさせてくれるだろう。


俯瞰イメージ


図面


YouTubeでチェック

3Dアニメーションで内部を歩き回るかのような体験をしていただけます。


ガレージハウス 建築家 平賀敬一郎 デザイン住宅