EV普及への取りくみ

アフターコロナを見すえる今、私たちに求められていることは、“非常に単純な手法によりいかに複雑な状況を解決しうるか”ということだ。

私たちにできる“非常に単純な手法”とはEV対応の住宅や施設等の建築物を増やすことは勿論、ガレージにEV用のコンセントを設置するといった単純な活動を行うことではないかと考える。 それは再生可能エネルギー、気候変動・地球温暖化などの複雑な問題を解決するには余りにも微力な活動である。

しかし、それは春になり山の雪が少しずつ溶けていくような緩やかな変化であるかもしれないが、雪崩のように一瞬で大きく景色を変えるかもしれない。いずれにせよ、必ず春は訪れ、新しい芽をふかせるに違いない。

 

新しい時代への積極的な関与は、生活や仕事の意味を変え、あらたな社会生活の領域を切り開く。

環境問題については専門外だが、EV(電気自動車)の普及を以下の指標をもとに、微力ながら解決していきたいと考えている。


終末水位

全世界の排気ガスの約半分をガソリン車の排気ガスが占めている。

私たちがEVを普及させる事で排気ガスをどれだけ減らすことができたのか、今後の活動を報告していくための視覚的なイメージとして「終末水位」を設定した。


レベル2 良好
レベル2 良好
レベル1 順調
レベル1 順調
レベル0 現状
レベル0 現状
レベル-1 悪化
レベル-1 悪化
レベル-2 危機
レベル-2 危機
レベルX 終末
レベルX 終末
  • レベル2:達成
  • レベル1:良好
  • レベル0:現状
  • レベル-1:悪化
  • レベル-2:危機
  • レベルX:終末

テスラジャパン様と共同で「住まいの相談会」を開催するなどEV普及に取り組んでいます。「終末水位」に興味のある方は株式会社平賀敬一郎建築研究所までご連絡ください。

テスラ心斎橋店にて
テスラ心斎橋店にて


平賀敬一郎建築研究所GT HOMEガレージハウス一級建築士事務所|神戸|芦屋|西宮|兵庫県|関西|全国|災害に強い家|EV|SDGs|アフターコロナ|ニューノーマル|終末水位