· 

金閣寺

輝かしくも隠微な風情

昨年末にこけら葺き屋根の改修工事を終えた金閣寺を訪れた。

ほんとうは寒中雪の舞うなか雪化粧をした幻想的な金閣をカメラに収めたかったのだが、その日は気温17度もある小春日和であった。

朝のうちに神戸の自宅から愛車を走らせ1時間半ほどで金閣寺近くまで到着。まずは鯛めしで軽く腹ごしらえして金閣へ向かう。

建築家 金閣寺 平賀敬一郎

金閣寺(舎利殿)はその特異な構成でもよく知られる。三層すべてが異なる様式であり、暗褐色で抑えられた一層目とは対照的に、軒裏にまで貼り込まれた金箔で黄金の輝きを放つ上の二層は最上部に行くに従い、より繊細で曲線を多用した優美な様式へと変化していく。その様が境湖池に映り込み、またその水面のゆらぎが金閣の庇の裏側から壁面をより明るく照らし出し、まるでこの楼閣には陰影が存在しないかのようだ。しかし、この黄金色のゆらぎ、そして上層に移るにつれ軽やかに、細やかに変化するさまはこの建築物の重量を消し去り、危険なまでの軽やかさを獲得するのに一役買っている。それは、あらゆる思念を蹂躙する残酷なまでの美とも言える。

建築家 金閣寺 平賀敬一郎

私は、この金閣寺を観る時、あるいはその存在に想いを馳せる時にこそ建築の美を想う。それは私にとってとても限られた体験だ。なぜだかはよく分からない。ただ私の心の琴線に響く。美しい。建築は美しく朽ちるべきであるが、この楼閣には朽ちるという事実さえ存在しないかの如くだ。
圧倒されるというでもない、どちらかというと淡々とした平時の心で眺めている。


何枚か写真を撮り、境内を順路に沿って散策する。斜面を登り、小高い休憩所のようなところに出る。そこに茶室「夕佳亭」がある。金森宗和好みと伝えられている。
舎利殿と同じくこけら葺きである。内部に入ることはできないが、どうやらこれも少し変わった構成である。斜面に沿い連なるように建っている。文献でなら特徴を把握することは叶うが、やはり一度中に入ってみたいと思う。


散策しているとちょうど良い頃合に休憩所が現れた。お茶菓子が楽しめるようなのでさっそくお勘定を済ませて席に着く。コロナ禍である故、まだ人出がまだらであるが、この陽気に誘われたのであろうか、散策する人もいる。思えば、この美しい建築物をこれ程ゆっくりと鑑賞できる機会はもう二度とないかもしれない。
そんなことを思ううちに茶菓子が出される。抹茶はわりとあっさりとした味わいであったが、お菓子がとても可愛らしくて思わず笑みが溢れる。白く四角く整形された和三盆の表面に金閣が刻印され金箔が2枚散りばめられている。なんとも愛くるしく気の利いた意匠だ。

金閣寺 建築家 平賀敬一郎

茶菓子をいただき、境内を後にした。帰りの高速道路もクルマの量はまばらでとても快適なドライブとなったが、道中やはり私の頭の中にあったのはあの黄金色の楼閣の美しさ、そして妖しさであった。このような感覚を抱かせる建築物はおそらく金閣寺だけであろう。三島由紀夫の作中にあるような美の不条理を思わずにいられない。
だが、時折鑑賞するだけではこの建築にそれほどの破壊力はない。もっと長い年月をかけて意識の底に語りかけてくるのだろう。そして、あの小説の主人公のように私はもう若くはない。そのような鋭敏な感受性はとうに失われている。

ふと気になることがあった。黄金色に輝く金閣寺、そしてその映り込むさまも見事な鏡湖池。そこに泳ぐコイは黒いものが多い。お粗末ながら一句読んでみることにした。

黒い鯉金色であれ金閣寺