こんな悩みのあるリフォーム会社様におススメ

  • 部下から質問されても曖昧な回答しかできない。
  • 社内には営業や工務ばかりで正しい図面の描き方を教えられない。
  • 教えている内容が本当に正しいか不安。
  • 設計の内容について聞いているのに「現場を見てこい」などと言ってしまう。
  • 建築法規を理解している社員がいない。このままではリスクが膨らむばかり…
  • リフォーム設計の学校がなくて社員を通わせることもできない。
  • 業務の合間に設計の指導をする時間の確保が難しい。

コンプライアンス時代にこれを放置しているとリスクは膨らむばかりです。リフォームアカデミーなら…

  • 経験豊富な一級建築士がはっきりと正しい知識でアドバイス。
  • シンプルに、且つ実効性の高い図面の描き方をアドバイス。
  • きちんと根拠を示してアドバイスするので納得の添削。
  • 設計者に必要な知識を体系的に教えます。
  • メールでの送受信のみなので、いつでも好きな時に添削内容を確認。
  • 日本全国にメールでお届けします。

分からないことを放置したまま仕事を続けると…

日常の業務で分からないことがあっても、社内に経験豊富な設計の先輩がいれば良いのですが、リフォーム会社ではなかなかそうはいかないのが現実ではないでしょうか。

そんな環境で分からない事を放置していると、やがて本人も想像がつかなかったような失敗をしたり、トラブルに巻き込まれる可能性があります。そんな時、社員を守ることができるでしょうか?

残念ながらトラブル時に優しく手を差し伸べてくれる人はそういません。そもそも経験が浅いと言っても、それでお金をもらって生計を立てているのならプロです。プロなら自らの立場に応じた責任を自覚し、それに相応しいスキルを磨くのは当然です。そして、昨年よりも今年、今年よりも来年という風に良い仕事ができるようなり、人としても成長する。それがその道のプロであり“エキスパートプランナー”です。そして、そうなるよう育てるのは会社の責任です。

私の考えをより詳しくご理解いただくためにブログもご参照ください。

リフォームアカデミーブログ

図面添削赤ペン先生のお問合せ・申し込みはこちら